ベネチアの一人旅ホテルなら無料朝食付きホテル・メルクーリオ(Hotel Mercurio)がおすすめ

2017年03月02日      2017年03月02日
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人イタリア旅でセキュリティが気になった自分は、ベネチア滞在時にドミトリーにはせず安い一人部屋ホテルを探して宿泊してきました。

このページではその時に泊まったホテル・メルクーリオがこの価格帯ではかなりレベルの高いホテルで気に入ったので、このホテルについて紹介します。

ホテル・メルキュリオについて

ホテル・メルクーリオがあるのはベネチア本島の中心部サン・マルコエリア。ベネチアのシンボルでもある大運河(グランド・カナル)やサン・マルコ大聖堂からどちらも徒歩数分の好立地にあります。

上の地図を見てもらうと分かるように、ベネチアの観光地はグランド・カナルの東側に集中している上、近くの島やラグーンツアーに出かける発着地はサン・マルコ港となるので、ベネチアのホテル選びではサン・マルコ地区にホテルを取っておくと移動が楽になります。

  • ベネチアのホテルはサン・マルコ地区がおすすめ

ホテル・メルクーリオの設備

このホテルは一人部屋からファミリータイプの部屋まで揃っていて、すべての部屋で無料Wi-Fiが利用できます。今回はひとり旅だったので予約した部屋はコンパクトなサイズの部屋でした。

ひとり旅の部屋選び

予算の都合でひとり旅はドミトリータイプの安宿を選択する人もいますが、自分はドミトリーには泊まらないようにしています。その理由は大きく二点。

  • モラルの低い人と過ごすのがストレスだから
  • 安宿ドミトリーは治安の悪い地区にあることが多い

経験上、移動手段なり宿泊施設なり、料金が安いサービスにはそれなりの人が集まっている可能性が高いです。これはある程度の最低モラルが保証されている日本とは違う海外の場合は特に顕著で、時たま理解できないレベルの問題を抱えた人と出会うこともあります。

そして安宿ドミトリーがある場所というのはヨーロッパの場合、貧困地区や治安の悪い地区であることが多いです。この点は押さえておきましょう。

宿泊費でいくら節約してもこうしたトラブルに巻き込まれてしまってはせっかくの旅行が台無しになってしまうので、旅行中に無駄なストレスを感じたくない人にはホテルの一人部屋をおすすめします。

一人部屋のトイレとシャワールームはこんな感じ。島なので水の出が悪いかと思いきや、自分の暮らしているパリよりも勢いが良かったです。

無料の朝ごはんはビュッフェ形式

イタリアのホテルは無料の朝食が付いているところが多いようで、今回宿泊したホテル・メルクーリオも無料のビュッフェが付いていました。

野菜が全くないのは自分からすると違和感ありでしたが、ヨーグルトやデザートまで付いてきて満足度は高かったです。ウェイターさんに頼むとコーヒーなんかも持ってきてくれるみたいでした。

料金とチェックイン・アウト

2017年の2月に一人で2泊3日泊まった時にかかった宿泊料は80ユーロでした。一泊あたり40ユーロなのでベネチア本島中心部のホテルでこの値段はかなり安い部類に入るのではないかと思います。実際、予約時にBooking.comで調べた時もこのエリアではこのホテルが最安値でした。

サン・マルコ広場から徒歩5分ほど

チェックインの時間帯は14時からでしたが、30分ぐらい早く着いてフロントに行ったところ部屋の準備ができているとのことだったので13時30分の時点でチェックインができました。

チェックイン時のポーターへのチップ

ホテルによりますが、ある程度しっかりしているホテルだとチェックインを済ませた後、ポーターさんが荷物を部屋まで運びながら案内してくれることがあります。このホテルでもそうでした。

自分は大した荷物を持っていなかったので案内だけで荷物は頼みませんでしたが、大きな荷物を運んでもらった場合はポーターさんにチップとして現金で1〜5ユーロほどを部屋に着いたタイミングで渡すのが良いです。

チェックアウトは11時まで。このホテルの支払いはチェックアウト時だったので、宿泊料と宿泊市税をカードで支払いホテルを後にしました。日本で作ったクレジットカードでも決済ブランドがVISAやMasterCard、JCBであれば簡単に支払いできるので、ユーロに交換するときに手数料がかかる現金を持ち歩くより手数料が1%台のカードの方がおすすめです。

日本円を現地通貨に両替する時には、

  • 米ドル、ユーロ:3〜6%の手数料
  • それ以外の通貨:5〜15%の手数料

の手数料がかかります。それに対してクレジットカード払いだと、通貨に関わらず定率で1〜2%なので結果的に現金払いをするよりもカード払いの方がお得なことが分かります。

  • 現金払いよりもカード払いの方がお得
  • 現金払いは損をしている

その上、カードの場合は保険やポイントのような特典が付いてくるのでそのことも考慮すると、さらにお得になりますね。

海外旅行するなら現金とクレジットカードのどちらがお得なのか検証。海外の支払い方法をお伝えします。より引用

http://sakaotoko.com/2310/

予約の仕方について

今回の予約はスマートフォンからBooking.comで行いました。こうした海外ホテル予約サイトはパッケージツアーで予約するよりも2〜3割引の場合が多いので、お得に海外旅行をするならおすすめしたいやり方です。

日本語で予約できる上、予約当日にホテルへ持っていくのは本人確認用のパスポートのみでOKなのであらかじめ予約完了ページを印刷するような手間もいらないし、思っているより簡単に予約できてしまうので一度試してみてください。

Booking.com

ホテル・メルクーリオの宿泊情報まとめ

以上がベネチア滞在時の宿選びでおすすめしたいホテル・メルクーリオの紹介でした。ホテルを選ぶ際はぜひとも立地にこだわって、観光地近くのホテルを探してみてください。

いいね!してくれると
喜びます。

はてなブックマークに追加